磁気ネックレス

■生体内部の世界にも磁場の脈動が満ちている 磁気療法を行った18世紀のメスマーは晩年、ペテン師扱いされて不遇をかこったといわれる。しかし、彼は潮の干満のように繰り返される生体リズムが乱れると、さまざまな病変が起きると考えていた。これは病気を気の流れの滞りとする東洋医学の考え方にも通ずるものである。 現代人は、この病気にはこの薬という…

続きを読むread more