磁気ネックレス

■生体にとって磁気は一種の「引き金」

人体におよぼす磁気作用のメカニズムについては未解明な部分が多い。しかし、人体のホメオスタシスという考え方に立てば、磁気治療の有効性は苦もなく理解できる。 磁気と生体についての研究において、わが国の第一人者であり、磁気治療の医学的有効性を立証したことで知られる中川恭一博士は、磁気の治療効果は「物理的触媒様作用」であるという説を提唱している。 電解質溶液の流れが磁場を横切るとき電磁誘導によって起電力が発生するが、この現象は血流と地磁気あるいは人工的な磁場環境との間にも起きており、外部から加わる磁気エネルギーは、血液の電解質解離などに影響を与えていることも明らかにされている。かといって、外部から加えられる磁気エネルギーがあたかも養分のように体内に摂取されるとみなすのは、磁気を霊力のようにコジツケる非科学的な解釈である。そうではなく、磁気エネルギーは人体の内部環境である血液系のホメオスタシスを維持するように作用する。それは体内を巡る血液が運動エネルギーをもち、磁気は血液の電解質成分に作用して、運動エネルギーの一部を電気エネルギーに変換するためと考えられている。細胞の化学反応は電気現象でもあるため、間接的に細胞の代謝に影響を与えるというのである。 血液バランスの微妙な変化が体調に大きく関係するにもかかわらず、それがあまり重要視されないことから、現代病といわれるものが登場することになる。細胞や内臓などに異変がみられないうちは、なかなか病気として認められない。しかし、ホメオスタシスはたえず揺れ動いているものであり、だれでも多かれ少なかれ病気の状態にある。病気は撲滅すべきものではなく、病気という状態を正常に戻すという考え方が健康維持には不欠なのである。 あらゆる薬というものは人体に対して引き金のような効果をもつだけであり、病気は人体に本来備わった自己治癒力によって治るものだという説がある。人体の免疫というのもそのような自己治癒力のことである。外部から加わる磁気エネルギーの影響、いわば磁気による血液のマッサージといえる磁気治療も、人体に対して、健康への一種の引き金となるといえよう。


2011年11月度・歳末セール!!を開始しました。

磁気ネックレスV6DX=通常価格5980円 ⇒ 特別価格3980円
カラーパール磁気ネックレスV6DX=通常価格5980円 ⇒ 特別価格3980円
ゲルマニウムネックレス=通常価格19800円 ⇒ 特別価格9800円
マグネットネックレスV10DX=通常価格4980円 ⇒ 特別価格2980円
磁気ブレスV4DX=通常価格3980円 ⇒ 特別価格2980円

http://www.38company.com/
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0