磁気ネックレス

■宇宙時代の幕が開き、再評価された磁気治療
磁気治療の歴史は紀元前にまでさかのぼる。2世紀、古代ギリシアの医学者ガレノスは、天然磁石を下剤として用いていたと記録されており、16世紀の医師パラケルススは、水腫や黄疸の治療にも磁石を用いていたという。また、古代中国医学においても、磁石は薬石のひとつとして登録されている。 内服薬としてばかりでなく、金属を誘引する磁気の性質を応用した磁気治療も古くから行われてきた。動物磁気説を提唱した18世紀ドイツのメスマーは、驚異的な治療実績によって一時期ヨーロッパで大評判となったことで知られる。もっとも、これは一種の催眠療法であったとみられ、磁気の効果というよりも、患者自身の心理的効果のほうが大きかったようだ。 生体と磁気との関わりが、科学テーマとして研究されるようになったのは、1960年代以降のことである。地球の磁気圏には、地軸に直交して取り巻くヴァン・アレン帯と呼ばれる放射線帯が存在する。ここにはきわめて高エネルギーの陽子や電子が多量に存在するため、宇宙飛行士への影響が心配され、人工磁場による放射線のシールドが施された。しかし、強力な磁場が人体に与える影響については未解明であったため、この方面の研究を急速に進めることになったといういきさつもある。 ともかく、こうして19世紀以降の電磁気学の成果と、20世紀の宇宙時代の幕開けによって、磁気治療にまつわる古くからの迷信や誤解の多くが一掃された。また、その一方で、客観的な実験や統計的な事実から、外部磁場が生体にさまざまな影響を与えることは疑い得ない事実として再確認された。

2011年11月度・歳末セール!!を開始しました。

磁気ネックレスV6DX=通常価格5980円 ⇒ 特別価格3980円
カラーパール磁気ネックレスV6DX=通常価格5980円 ⇒ 特別価格3980円
ゲルマニウムネックレス=通常価格19800円 ⇒ 特別価格9800円
マグネットネックレスV10DX=通常価格4980円 ⇒ 特別価格2980円
磁気ブレスV4DX=通常価格3980円 ⇒ 特別価格2980円

http://www.38company.com/
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0