磁気ネックレス

「エピローグ 磁気と生体」 -生物にとって磁気とは何か?-
■銀河の回転とともに脈動する宇宙磁場
宇宙空間には10-9ガウス(1ガウスは約10-4テスラ)ほどの不均一な磁場と、ほぼ同強度の一様な磁場とが重なり合った微弱な宇宙磁場が存在するという。太陽のような恒星はイオン化したガスからなり、その運動によって磁場が発生することは、電磁流体力学の理論によって明らかにされている。われわれの銀河はおびただしい数の恒星からなる渦巻星雲のひとつである。宇宙磁場の起源は詳しく解明されていないが、恒星と高密度の星間物質の複雑な運動に原因することは確かなようだ。 地球の生命を取り巻く磁場環境は、宇宙磁場や太陽磁場、地磁気、そして人工磁場などが合成されたものである。このうち宇宙磁場は、地磁気や太陽磁場の数億~数10億分の1ほどの微弱なものである。しかし、さまざまな実験が明らかにしているように、磁気が生体に与える影響は、その強度と相関しない。人間の聴覚は騒音の中で人声だけを聞き分けるように、生体は微弱な磁場に選択的に反応するところがあるようだ。ある時代を生きる生体にとって影響が大きいのは、磁場環境の永年変化よりもむしろ短期的な磁場変動である。そして、人工磁場を除けば、磁場環境における短期的な磁場変動の多くは、地球外からもたらされるという。 磁場環境の変化が血液循環や神経系、生体の化学反応などに影響を与えていることは、本シリーズでたびたび紹介してきた。つまり、磁気を感知できないとはいえ、われわれは宇宙全体の磁場の脈動と深く関わりながら生きているわけである。 たとえば、植物の発芽や根の成長は自然界の磁場変動の影響を受ける。また人工磁場を加えてみると、磁場の強度や時間によって、成長が促進される場合もあれば阻害される場合もあることが実験的に明らかにされている。これは植物の成長リズムとの同調具合に関係があるとみられる。しかし、どのような磁場変動が成長にプラスに作用するかは未解明である。生体と磁気の理論の確立を困難にしている理由もここにある。

2011年11月度・歳末セール!!を開始しました。

磁気ネックレスV6DX=通常価格5980円 ⇒ 特別価格3980円
カラーパール磁気ネックレスV6DX=通常価格5980円 ⇒ 特別価格3980円
ゲルマニウムネックレス=通常価格19800円 ⇒ 特別価格9800円
マグネットネックレスV10DX=通常価格4980円 ⇒ 特別価格2980円
磁気ブレスV4DX=通常価格3980円 ⇒ 特別価格2980円

http://www.38company.com/
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0