磁気ネックレス

【*本説明文は配信時の原稿内容の一部にいま現在とは異なる情報が含まれている場合があります。その旨ご了承ください。】


■「磁気と肩こり豆知識」-血行をよくして、筋肉のこりをほぐす磁気-

■磁気治療は古代ギリシアの時代から たがいに引き合ったり、鉄を引きつけたりする天然磁石の不思議な現象は、数千年前の石器時代から知られていたといわれる。中国では昔、磁石のことを「慈石」と書いた。磁石を乳房にたとえると、それに吸い寄せられる鉄はわが子。それを慈しむ母親の姿を連想させることが、慈石の名の由来という。また、中国・河北省にある磁県は、かつて慈州と呼ばれ、天然磁石を多く産出したところ。この慈州で採れる石だから、慈石と名づけられたという説もある。 磁石が南北を指し示すことを利用して、中国で考案されたといわれる羅針盤は、世界の3大発明の1つにあげられているが、磁石が治療に用いられたのは、羅針盤の発明よりももっと古いようで、紀元前200年ごろに、ギリシアの医師が下剤として利用したという記録も残っている。10世紀にはアラビアで肝臓疾患に、16世紀にはヘルニアの治療に、19世紀になると、ドイツで肩こりや神経症の患者にも使われていた。 わが国で磁気治療が注目されるようになったのは、磁気指輪や磁気腕輪が登場した昭和30~35年ごろ。磁気治療など、単なる気休めと思っている人が今でもいるが、医学的にその有効性はとっくに確認されていて、昭和36年の薬事法施行令の中で、治療器具のひとつとして正式に登録されている。実際、人体表面の温度分布を測定する赤外線サーモグラフィを使って試験してみると、磁気作用は明らかに血行をよくして、体温を上昇させていることがわかる。

http://www.38company.com/


http://store.shopping.yahoo.co.jp/eyestp/index.html


Yahoo!ボットチェッカー
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0